MILVINAE-4069

▼撮影情報:Nikon D4s | AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED | f5.6 | 1/125 sec | ISO 100

蔦に絡まれた鷲のワンショット。鷲に絡む蔦のワンセンテンス。

巨塔を見て連想するのは白い巨塔。医学会の腐敗を追求した小説である。山崎豊子作品の代表作にして、何度も映像化された名作中の名作である。この作品は、苦悩の中で続編がつくられ、そして完成した。

小説的生命を全うしようとすれば、既に完結した小説の続編は書くべきではなく、作家としての社会的責任を考えれば、小説の成果の危険をおかしてでも書くべきであると考えた。この選択の難しさは、作家になってはじめて経験した苦悩であったが、最後は小説的生命より、社会的責任を先行させ、続編に取り組んだ。 『山崎豊子 自作を語る2』