▼撮影情報:Nikon D4s | AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED | f8.0 | 1/320 sec | ISO 100

蔦に絡まれた鷲のワンショット。鷲に絡む蔦のワンセンテンス。

朝鮮戦争が終わり、日本の解体業者のもとに廃棄処分となったアメリカ軍戦車の解体の相談があった。当時の日本では良質な鋼材に恵まれなかったために、二つ返事で引き受けた。一方のアメリカにとっては旧式の戦車を売却して新型の戦車を製造するための資金稼ぎとなった。

そしてこの鉄くずはエッフェル塔の高さを僅かに超える、新たな電波塔の材料として利用された。そう、廃棄戦車は東京タワーとして蘇ったのである。ちなみに、廃棄戦車が東京タワーのどの部分に利用されたかといえば、展望台から上の部分である。東京タワーの約1/3の高さ分が戦車から作られていることになる。